星空散歩

同人音楽サークル「Sound Escape」のranaが毎日綴るブログです。

歌い手

歌い手さんのためのチュートリアル1

ちょっとおやすみいただいていた連載を再開しますね。歌い手さんになろう!とかこれから歌を始めたりする方に向けてのエントリーです。

まず、「たくさん聞こう!」っていうおはなしです。

この前の講座で歌い手さんから最後に質問があったのが「音が割れてる曲がある気がします」という質問。
ボカロは基本的にDTMの文化です。DTMは前にも出てきましたが、Desk Top Musicのことで、「机の上で全ての音楽制作が完結するスタイル」のことです。
煩わしいバンドの人間関係がいやでDTMをはじめるPもいます。
ですが、一人でやってると直前の追い込みでミスをして、音が割れることがあります。

歌い手さんで大事なのは、いい音質でたくさん聞くこと。
いい環境、いい音質でたくさん聞くと伸びるのがはやくなります。

また、これから歌に集中したいと思ったら覚える曲は増やしましょう。成長のチャンスなので、減らすのはもったいないです。
それとは別の文脈でもいっぱい聞くことをお勧めします。




AKB48の恋するフォーチューンクッキーという曲なんですが私が音楽やってる仲間とよく話題になる曲です。何故か。知らない人がいないからです。
こういうみんな知っているミュージシャンやグループ、アーティストの曲をまずはおさえていくといいと思います。






この動画はこの前の講座でたくさんみたんですが、曲をストックするコツはこういう講座にでてくる曲を一個一個聞いていくことです。

「プリンセスプリンセスはプリプリって言いますよね?」って言ってみなさんぽかーんとしちゃったので、たくさん聞きましょう。
このくらい有名な楽曲は今のボカロPも影響を受けていますので、将来的にボカロPとお会いする機会とかあった時に盛り上がれます。

ちなみにDJも同じことが言えまして、たくさんMIXを聞いてストックを増やそうね、って言われています。歌い手さんだけじゃないんですね、こういう作業って。

というわけで、連載はちょくちょくやりますね。まずはたくさん聞きましょう。

マイクを握る前に後編(歌い手さんのためのチュートリアル)

前編に引き続き、歌い手さんのためのチュートリアルとして、後編は機材のはなしなど実践的な内容に入っていきましょう。


1.DTMのニュースサイトをチェックする。
私のようなブログを見て日々勉強したりするのもいいと思うんですが、まとまった記事を読みたい!と思う時もあると思います。そういう時にオススメなDTMのニュースサイトをご紹介します。


藤本健の"DTMステーション"

DTMやってる人で知らない人はいない、というくらいに有名なサイトです。新製品が出たら取り上げてくれますし、新しい技術(ハイレゾとか)も出ると特集が組まれます。
DTMとはDesk Top Musicのことなんですが、ようは机の上で全ての音楽制作が完成するタイプの作曲方法のことなんですよね。
ここにDTM初心者のためのオーディオインターフェイス比較とかっていう記事もあるので、参考にして吟味されるといいと思います。

で、丸投げもいけないのでいくつかマイクを握る前に用意しておくとアドバンテージになる知識と機材を紹介します。


2.SHURE SM58
SoundHouseリンク(SHURE SM58)

現場でもっとも広く使われているマイクです。見たことある人が多いんじゃないでしょうか。
俗にゴッパーと言われますね。

何故使われるのかというと、頑丈だからです。現場だと落としたり叩いたりされることもあるので(やっちゃいけないことですがw)そういう酷使される環境でも耐えられるマイク、かつ1万ちょっとという価格帯もあって使われている現場が多いです。

マイクの使い方なんですが、音が出るか確認する時にボンボンって叩いたりするのはハウリングしたり機材が壊れる原因になるので控えましょう。
マイクは実は音響のほうで切っていることが多いです。マイクから音が出る確認するときは声を出してみて、音が出ない場合はこちらのバックDJや音響さんに声かけてくださいね。
PAの音響のほうで実は細かくコントロールしています。ほかのマイクがいつも音のでる状態だと、ハウリングの原因になったり、ノイズを拾うからなんですよね。ほかにも理由はあるかと思いますが、落としたり、叩いたりするのは控えましょう。


3.オーディオインターフェイス
なんのこっちゃって人が多いかと思うんですが、要はパソコンのオーディオ機能を拡張するためのものだと思ってください。
私は2万くらいのUR242という機材を使っています。

UR242

オーディオインターフェイスなんですが、どれを選べばいいのかわからない方が多いと思います。正直なはなしをすると「いくら出せるか」によってだいたい決まります。
まず3千円とかで売ってるのはダメです。安もの買いの銭失いになります。
下は1万は最低でも投資してください。出せるのであれば3万くらいのものをオススメします。

例えば私の使っているUR242はマイクをつなげたり、外部スピーカーに音を出したりする機能以外にニコ生の配信で使いやすい、ループバックの機能があります。
最近は少ないのかもしれませんが、パソコンの音をそのまま録音したい時ってありますよね。そういう時に内部の音を録音できる機能がオーディオインターフェイスによっては備わっています。

3万くらいのものをオススメします、といったのですが、具体的な商品を紹介しますね。

MOTU MicrobookIIc

MOTUのMicrobookです。ハイエンドな商品を中心に展開しているメーカーなんですが、3万と手軽な価格帯で商品をだしてだいぶ話題になりました。
このMicrobookはサイズが小さくて、機材内部のセッティングも保存することができます。かなり便利です。私も一時期使っていた時期がありました。

一番は現物をみて選ぶのがいいんですが、そうも言ってられない場合はインターネットの通販を使いましょう。SoundHouseはオススメです。


他にもオススメのスピーカーとかもあるんですが、長くなりますので一旦この辺で。

マイクを握る前に前編(歌い手さんのためのチュートリアル)

SNSで音源編集の講座とか需要あるのかなーって聞いてみたらいくつか反応いただいたので、ちょっとそれに答えるべく、いくつかこれから連載をしていこうと思います。

まずはマイクを持つ前に環境を整えようというはなしです。


1.お薬について
最初にはなしておきたいのがお薬のこと。
飲むなっていうはなしじゃないんです。むしろ逆で、主治医からお薬を処方されている歌い手さんがいたら絶対に自主判断でやめたりしないでください。

私は大学で心理学を専攻していて、精神系のお薬(いわゆる脱法ドラックの類も含めて)学んでいたので、精神系のお薬も知識があるんですが、すぐには効かないのと同じで、やめるとじわりじわりと体調が悪化していきます。
持病のお薬とかを飲んでいる方は「お薬を飲んでいるから今のコンディションがあるんだ」というのは忘れないでください。きちんと飲みましょう。

2.体調管理について
よく言われている三原則が「食事、睡眠、運動」ということらしいです。
みなさん野菜ちゃんと取れてますか?眠れてますか?ほどよく運動できてますか?
大丈夫です。私も昔は全然できていなくて苦労していた時期がありました。

まず、食事についてなんですが、(正直Aソニーさんに投げたい項目ですがw)、野菜が少ない人は水分を多くとる傾向にあります。
何故か。野菜って栄養も含んでるんですけれど、水分も豊富に含んでいて、身体が程よく吸収してくれるんですよね。
本番になるとお手洗いが近くなったり、緊張でガチガチになったりする歌い手さんがいたら食生活から改善するのも手だと思います。
自分の内的な要因を変えるのは結構難しいので、こういう外的な要因から改善を試みるとよいかもしれません。

次に睡眠について。
まず、仰向けで寝ようねってはなしです。うつぶせはダメです。
顔をしたにして寝るのをうつぶせで寝るっていうんですが、身体に負担がかかります。
身体を横にして寝るのも肩とかに負担がかかるのでオススメできません。
また寝る前は物を食べたりするのは控えましょう。身体が起きてしまって、脳は休もうとしていも身体が休まらないまま、どこか疲れて翌日を迎えることになります。

最後に運動について。
軽い散歩からはじめてください。私もそうでした。
まずは5分くらい外を歩いてみる。すると散歩の時はいろんなことを考えられて楽しいですよ。私は音楽を聞きながら散歩をすることが多いです。


3.部屋を綺麗にする。
鼻の詰まっている歌い手さんっていませんか?
実は私は住環境があまりよくなかったので子供の頃から鼻が詰まっていて、鼻呼吸ができませんでした。
結果どうなったかというととても病弱な青春時代を過ごしています。
休日になると体調を崩したりして、なんとも不幸でした。

鼻呼吸のメリットは鼻で呼吸するとフィルターを通るのでウイルスが喉に入ってこないことなんですよね。歌も楽になると思います。
鼻が詰まっているなーとおもう歌い手さんがいらっしゃったら、一度耳鼻いんこう科にかかってみてください。

ちょっとこの話は脱線ではあるんですが、部屋を片付けましょう。
歌い手さんが環境を見直したい時は新しいことにチャレンジする瞬間だと思います。
新しいことを話す前に、いままでのこと、整理しましょう。

どうしていま、自分がこの音楽が好きなのか。とか。なんでこの仕事をしてるのか、とか。こういうことを学びたがってるんだ。とか。
部屋にゴミや捨てられないものがたまっている方はヒントがたくさんあるかもしれません。

捨て方のポイント

1.エリアを決める(この棚を片付ける。ダンボール一箱分片付けるなど決める)
2.必要なものをピックアップする。
3.それ以外を全て捨てる。

これがポイントです。あれもこれも必要かなーって片付け方をしてるとなかなか片付かないので、必要だなと思うもの以外は全捨てしましょう。

ついでに、ほこりも払って、身体に入る負担を軽くしてあげます。
部屋が綺麗になると自信にもつながります。純粋に散らかってる部屋にいるのって「私は片付けもできないのか…」って落ち込んで自信を失っていいことないんですよね。


さて、マイクを握り前にお話ししたいことをいくつか書きました。
次回から機材のこととか、コツとかおはなししますね。
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog