星空散歩

同人音楽サークル「Sound Escape」のranaが毎日綴るブログです。

ファミコン

ファミコン風の音楽を作る

今日は初心者向けのエントリーをちょっとだけ。

ファミコン風の音楽を作る方法にはYMCKのMagical 8bit Pluginが有名です。いわゆるVSTiを使う方法でこちらのやり方はおすすめでもあります。YMCKのyokemuraさんのsoundcloudより。



これらの音楽はチップチューンと言われたりします。今度「チップチューンの全て」という本も出ますので、興味のある方はお手にとってみるのもよいでしょう。

今回はそういうのとはちょっと違った方法をご紹介いたします。

1.Retro Music Editorを使う。

Retro Music Editor
こちらです。本格的なピアノロールエディターを搭載していますね。慣れると結構使いやすいらしいです。Magical 8bit Pluginなんかが動く本格的なソフトウエア(DAW)をお持ちでない方なんかにおすすめです。あまり難しい機材がいらないのがいいところ。

2.famitrackerを使う

famitracker
こちらです。ピアノロールとは違った画面です。上から下で流れるような画面で進んでいきます。トラッカーと言われるもので打ち込みにはキーボードも使います。海外ではこのトラッカーのスタイルがチップチューンの基本となっているようです。

3.MMLを使う

ppmck
こちらなどを使います。Music Macro Languageと言われる方法で、普段私が使っている方法です。文字をベースとした作曲方法で、70's-80'sのホビーパソコンでも使われていたようです。
MMLにはメリットもデメリットもありますが、メリットとしてはMMLでかけないものはほとんどないということでしょうか。最近ではスーパーファミコンの音源も作れるようになってきましたし、昔のX68000やPC88-98なんかもこのMMLではカバーすることができます。
例えば東方のWindowsの曲を旧作風にするなんてこともできるようになりますね。

実際のMMLは見てもよくわからないのですが、参考までにリンクをぺたり。

MMLShare

気になる方は基本無料ですから、まずはダウンロードしてみてください!以上!

NSF Player on FPGA 動画編




このNSF Player on FPGAはDE0の環境で提供されている状態なので、私も使っています。

NES on FPGA

ALTERA(現intel)のFPGAボードDE0にはオーディオ出力が標準で装備されていないので、CQ出版社のEXT-1を別途入手することで、私は対応しています。うまい人なら、この辺はちゃちゃっとできちゃうのかもしれませんね。このNSF Player on FPGAはEXT-1の構成でオーディオを出力します。


さて、データの用意は整いましたか?
NSF(NES Sound Format)についてはmckやnsd.lib、およびfamitrackerで作った自作のデータなんかを利用するのもいいでしょうし

famicompo mini

famicompoのデータなんかも聞いていて楽しいです。

FPGAの設定なんかをちょっとつらつらと書いていこうと思います。
まずALTERAのFPGAはMac非対応です。その代わりLinuxは使えますので、必要に応じてUbuntuなんかを使ってみてください。検索をかけてみるとCentOSなんかでもFPGAを使っている方がいらっしゃいました。

Quartusという統合環境を全部インストールしてもいいのかもしれませんが、今回は


Quartus II Stand Alone Programmer v12.1

を使用します。

私のDE0はCycloneIIIなので、あまり上位のバージョンではコンフィグができません。なので、NSF Player on FPGAでの出力と同様のバージョンのprogrammerを利用します。
ダウンロードやインストールが終わったら、今度はUSBドライバーのインストールです。
ダウンロードしたQuartus Programmerフォルダの中にUSB Blasterなんかのドライバーの入ったフォルダがありますので、Windowsで言うところのコントロールパネルからのシステムでデバイスマネージャーそして認識されていないUSBの接続を更新してあげます。

ここまできたらFPGAにやっと書き込みです。
もろもろ、設定をして、マニュアルの使い方にあるように

/////////
▼ 使い方

1.PCでSDカードをFAT16にフォーマットしNSFを入れる。
2.DE0にSDカードを挿す。
3.DE0をPCと接続し電源を入れる。
4.DE0にNES.sofをコンフィグ。
/////////

とします。これでデータが鳴れば大丈夫です。わからないところはググって覚えてください。FAT32は非サポートの状態(2017年4月現在)なのでFAT16GBのSDカードを使いましょう。昔のケータイなんかに入っていると思います。

今回は動画もとってみましたのでよろしければそちらもご覧ください。

SHARP C1を修理に。

ファミコンテレビ C1を修理にだしました。安定の京浜サービスさんへ。

3年程前にお世話になった業者さんでその時はコンデンサーとかもほとんどすべて変えていただいた感じでした。最近になって、やや不安定になってきたので修理にだすことに。
2月にC1がサルベージされたのは当ブログでも確か書きましたが、C1に強い業者さんになっているようです。
風の噂では個人の修理サポートをやめるといった噂も流れてきましたが、今回のやりとりではそういう雰囲気はあまり感じませんでした。

3辺の合計が120cm以下なのでヤマトのらくらく家財便で修理にだしました。結構送料も安くすみました。
 
修理にかかるお金もお伝えいただいているので、後は直るのを待つばかりです。
当面は小さいファミコンで我慢しますw

コントローラーの類いを発送できなかったのでこれは別途発送ですかね。手間がかかりますが仕方ないと思われます。頼めばよかったかなぁ。 

ファミコンテレビと私

reroom20170409













↑部屋のファミコンテレビ

普段部屋にブラウン管が4つほどおいてあるということは以前もお話したかと思いますが、一つだけ絶対に手放せないものがあります。
それがこのファミコンテレビ C1です。SHARP C1と普段は呼んでいます。


【ヤフオク】シャープのファミコン一体型テレビ『C1』が16万円で落札される 
3年程前にニュースにもなったC1ですが、最近だと30万くらいはするみたいですね。54万なんて落札金額もみかけて、詳しい人とはなしてみたら「石油王が争った結果じゃないのかw」という話しにもなりました。


C1を入手した経緯は省くとして、今課題になっていることをちょっとだけ書いてみたいと思います。
電源が落ちまくる時期がありまして、修理に出そうか迷っているというところですね。
修理はいつも京浜サービス というところにお願いしています。
サービスマンの方がしっかりしているので安心して修理を任せられますし、メールでお伺いしたところ2月にもファミコンテレビが一台修理されて直ったと聞いています。ファミコンテレビ、直すなら京浜サービスさんおすすめです。

しばらく使ってみないとわからないのですが、電源が落ちまくる時期は過ぎて安定して動くようになりました。こちらは大丈夫そうです。

次にコントローラー。ファミコンテレビ C1のコントローラーはNESやニューファミコンに近い形で差し込むタイプになっています。そしてちょっと特殊な形状をしています。

 こちらのサイトとかを参考に作っていただたいものを使っています。が、やっぱり純正のコントローラーが使いたいのです。

ちょっと腕のある若手に声をかけて有償ですが、修理してもらおうと思います。直るといいなぁ。

 
作品一覧
サークルプロフィール
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog